KOUKEN

-recruit-

採用情報

当社では、大学・大学院 卒業見込のかた(新卒採用)および構造計算・構造図作成(AutoCAD, DRA-CAD)の経験者(既卒・中途採用)を募集しています。
Uターン、Jターンで札幌での勤務をお考えのかたも、お気軽にご相談ください。

▲ 項目を選択すると下へ表示されます。

 

募集要項

「全国レベルの仕事人」を目指しませんか?

当社の建築設計技術は、日本全国の大規模な建築プロジェクトに採用されています。
「高度な専門職にいっそう磨きをかけたい」「これからぜひ挑戦してみたい」と思っている学生や建築士のみなさん、ご応募をお待ちしております!

募集職種 建築構造設計者
職務内容 建築構造設計
応募資格
  • 来年度大学または大学院卒業見込の方
  • 来年度専門学校卒業見込の方
  • 経験者および有資格者(一級建築士)
雇用形態 正社員(試用期間6ヶ月あり)
募集人数 若干名
給与 初任給    大卒: 200,000円以上(諸手当含む)
専門学校卒: 189,000円以上(諸手当含む)
別途 資格手当(二級建築士10,000円、一級建築士30,000円、構造一級 50,000円)
交通費有
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月・12月)
勤務時間 9:00~18:00
休日・休暇 完全週休2日制 (土・日・祝祭日)、年末年始休業、夏季休業、有給休暇(初年度 10日、最高20日)、慶弔休暇
応募方法 写真付履歴書、職務経歴書を連絡先までご送付ください。
送付先
〒060-0003
札幌市中央区北3条西7丁目 緑苑ビル3F
株式会社 構建設計事務所
TEL: 011-219-2332 / FAX: 011-200-4531

インターンシップ募集

当社では、学生の皆様が職業体験を通じて、構造設計という仕事の理解を深めてもらうため、インターンシップを実施しています。建築物の構造的な成り立ちや建築物に作用する力の流れをイメージできるようになる事を目標としています。

募集要項

就業体験内容
  • 構造図作成(RC造・S造: 伏図、軸組図、各リスト、詳細図)
  • 構造計算
応募資格 建築構造設計に興味がある大学生
実施期間 2週間程度
※実施日程はご相談の上、決定いたします。
時間 9:00~18:00
交通費 支給なし
応募方法 お問い合わせフォームよりメールにて、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先 お問い合わせフォーム

社員の声

当社への入社を志望・検討している方へ向けて、現場で活躍するスタッフから仕事の魅力や激励の声を集めました。

今まで経験することのなかった
分野に挑戦する。

中尾 宏樹(2014年 入社)

──構造設計を始めたきっかけは?

この会社に入る以前は木造住宅の意匠設計をしていました。
何か新しいことに挑戦したいと考えた時に、意匠の分野とは違う視点からものづくりに携わってみたいと思い、今まで経験することのなかった構造の分野で色々な建築物に携わることが出来るのが楽しそうだなと感じ入社しました。

──仕事の内容と魅力について教えてください。

図面作成を担当しています。計算担当からの指示や意匠図などを元に構造図を作成していきますが、担当の意図や内容を理解し必要な情報を正確に表現できるかを意識して業務を行っています。

最近はBIMを使用する物件も増えています。BIMとは一つのデータで意匠・構造・設備等を管理、作図していくものです。BIMは設計を3Dでリアルに表現でき、すべての要素がどのように組み合わさるかがわかりますので、2Dでは推測に頼っていた部分も視覚化でき色々な可能性のあるものだと思います。
より一層内容を理解することや図面の表現方法など大変なことが沢山ありますが色々な用途の建築物に携わることが出来る業務ですので、3Dで完成させていく達成感は2Dでは味わえなかった魅力です。

──新社会人へのメッセージをどうぞ!

入社前の能力やスキルももちろん大切ですが、自分が選んだ場所で、一生懸命スキル磨きを続け、積極的に成長していくことが大切です。
ぜひ、やる気と責任感があり一生懸命仕事に打ち込むことができる人、一緒に向上していける人と仕事ができればと期待しています。

描いた全ての線が現実となる。

藤本 燿佑(2017年 入社)

──構造設計を始めたきっかけは?

初めは、"建築系の仕事に就けたら"という漠然とした気持ちで、建築系の専門学校に進学しました。
構造設計はおろか、設計業務に携わる仕事に就くことさえ考えていませんでしたが、勉強を進めるうちに様々な建築の世界に触れ、構造の分野に興味を持つようになりました。
元々、理数系が得意だったことや、担任の先生を含む諸先生方の勧めもあり、構建設計事務所に入社しました。

──仕事の内容と魅力について教えてください。

最初は構造のことが全然わからず、先輩に指示されたことをこなすだけで精一杯でしたが、理解が進むにつれ、自分なりにこだわりをもって作図に臨めるようになったことで、より仕事が楽しく感じられるようになりました。

また見学や配筋検査、既存建物の耐震診断の現地調査など、現場を実際に見ることで、配筋や接合部など自分が普段描いている図面がどういうことを描いているのかをさらに深く理解することができます。
また、構造図から実際に造られていく過程や、完成して機能している建物をみると、モチベーションの向上と達成感に繋がります。指示されたことをそのまま図面にするだけではなく、「表現は適切か」「部材間の納まり上不具合が生じていないか」「どうすれば不具合が正常に納まるのか」を自分で考え、打ち合わせを重ねて協力し、より良い図面を作り上げていくのが魅力です。

まだまだ勉強不足で日々教わることが多く、自信や根拠を持った意見を出すことはなかなかできていないですが、将来的には自分の考えに自信を持ち、より良い図面にするための手段が増えると、さらに仕事が楽しく、やりがいを感じられるようになると思います。

──新社会人へのメッセージをどうぞ!

構造設計は、一般的な建築のイメージとは遠い部分にある仕事かと思いますが、建築において最も人の命に近い分野の一つだと思っています。理解するほど面白く、より責任感の強くなる仕事です。
自分で描いた構造図の全ての線が現実のものとなります。線一本に対する責任とこだわりを強く持つことで、やりがいや楽しみが増える仕事だと思います。思い通りにいかなかったりうまくいかないことも多く、きついこともあるかと思いますが、その分の達成感も限りなく大きいものになります。一緒に頑張りましょう。

構造以外のことを考えて
設計をすることに面白さがある

野戸 淳平(2014年 入社)

──構造設計を始めたきっかけは?

はじめは単純に"建築の仕事がしたい"という一心で建築系の大学に進みましたが、建築にどういう分野があるのかは、正直よくわかっていませんでした。
大学で構造設計について学び、元々計算が好きだったこともあり興味を持つようになりました。
構造設計に的を絞って就職活動を進める中で、弊社でのインターンシップで仕事を体験したことが決定打となり、この会社に入りました。

──仕事の内容と魅力について教えてください。

入社から半年間は図面を描き、現在は構造設計を担当しています。
はじめは、コンピューターに必要な情報を入力すればすぐに正解が得られるのだろう、という甘い考えでいました。しかし、実際に設計をしてみて、考え方によって何通りもの答えがあること、プログラムだけではできないことも多くあることを知り、構造設計の難しさを痛感しました。
ただ、その一筋縄ではいかないところが魅力でもあります。また、設計をしていく上では意匠、設備、施工等の様々な要望や条件、制限があります。

まだ未熟だということもあり、構造設計をしていると、考えがどうしても構造寄りに偏りがちになってしまいますが、そういった構造以外のことを考えて設計をすることに面白さがあるように思います。

──新社会人へのメッセージをどうぞ!

同年代の社員と相談し合い、経験豊富な上司・先輩にアドバイスをもらい、また、後輩に教えながら、様々な知識を吸収し成長していけることが弊社の強みだと思っています。
構造というのは、決して華やかではなく楽でもないですが、とてもやりがいのある仕事です。ぜひ一緒に頑張りましょう。

その物件の中に
どれだけ自分を残せるか

児玉 優祐(2014年 入社)

──構造設計を始めたきっかけは?

元々ものづくりに興味があり、建築系の大学に進みました。
はじめは意匠専攻でしたが、大学で構造の勉強をしているうちに構造が好きになり、構造に興味を持ちました。
就職活動をする際に自分が将来を考えた際、自分には構造が向いていると思い構造計算の道に進もうと決めました。

──仕事の内容と魅力について教えてください。

私は今構造図を描いています。
構造図とは、意匠図とは異なり建物の構造に関する内容を示した図面です。構造計算によって計算された柱や梁などの情報が描かれ、実際の建物を建てるための情報が描かれています。

また、自分はプレキャストプレストレストコンクリートの図面も描いています。一般のコンクリート造との違いは、柱や梁の部材サイズ、鉄筋の長さ、鉄筋の位置、鉄筋本数、施工性まで考慮した詳細な図面を描いています。
構造計算者になるためには、柱、梁の接合部の納まりや、接合方法などを知っていないといけません。そのため、今は図面を描いています。

柱・梁の接合部の納まりや鉄筋の納まりを考えてたり、設計者が見逃していることがないか、その物件の中にどれだけ自分を残せるか。そういったことを考えながら、良い図面を描くことができた時、やりがいを感じます。

──新社会人へのメッセージをどうぞ!

構造という分野は建築の中では、意匠設計に比べれば華やかな仕事ではありませんが、とてもやりがいのある仕事です。
日々勉強で上司に怒られることもありますが、全国レベルの仕事ができる会社なので、一緒にがんばりましょう。